②院長ブログ

筋肉ではなく、関節だ

筋肉ではなく、関節だ

2012/09/02 記事 (amebloから抜粋)

市民ランナーのアキレス腱

1年ほど前に左アキレス腱周囲の痛みが出て、走れなくなった。
休むことで、落ち着き、再度走り始めたら、今度は右股関節、足全体が
痛み出し、これまた走れなくなった。さらに左膝まで痛みが出た。

整形外科にて診察してもらっても、特に問題はないと言われた。
でも、痛いんです
それから、最近まで近所の整体に通い、筋肉を主体に
ほぐしてもらうのだが、一向に変化が見られない。
未だに走れずにいる

また左下腿に張りが出て、アキレス腱周囲に痛みがある。

女子市民ランナーとしては速い、3時間を切れる方です。
走りたくてうずうずしているのです。
でも、走り出すと痛みが出て、涙が出てしまう。

さて、これはどうしたものか・・・

うつ伏せになってもらうと、右腰が上がり、腰椎は詰まっている。
仙腸関節の所も硬く詰まっている。

左アキレス腱は・・・問題ない。
下腿筋肉の硬直(拘縮)だろう。疲労性のものなのか、
左膝裏にしこりがあり、何となく血流をせき止めているような・・・

右下肢に痛みが出るのは、右腰のゆがみでしょう。
左アキレス腱の痛みは、筋膜炎または筋挫傷でできたしこりによるもの。

とにかく腰を治し、そして、膝と足首を矯正、
膝裏をよ~~~くほぐす。

筋肉じゃなく、関節をほぐす!

筋肉をいくらマッサージでほぐしても、その後数時間で元に戻る。
関節をほぐすと、筋肉は自動的にほぐれ、その後数週間は戻らない。

治療後の体の軽さといったらすごいものらしい。
今にでもフルマラソン走れそうだと言ってました。

でも・・・ちょっと待った!
約1年、走れない状態が続いたのだから、
もとの状態に戻すには、感じ・・・4ヶ月かかります。
これは仕方がない。

ジョギングはやらない方がいい。
上下運動になるので、腰椎を詰まらせる。
歩行と、快調走だけにすべき。

次回、1ヶ月後にまたチェックしますが、
どのくらい回復しているか・・・期待しています。

矢作治療院 (^^)/

ピックアップ記事

  1. 腰の変形 年配の方の腰は変形が進み100%戻すことは無理でも、楽な状態にもってい…
  2. やっぱり想像力 (原因や治療法を見つけるには想像力が必要だ)
  3. 膝の治療 〜病院での治療は限界が低い、膝の治療は手をかけること〜
  4. 左中間の打球落とすでしょ? 頭の中に浮かんだビジョンを唐突に聞いてみた・・・
  5. スカウトもビックリ ドンピシャリ 何でこんなに、いきなり変わっちゃったんですか?…

関連記事

  1. ②院長ブログ

    診る(見る)技術

    診る(見る)技術2012/02/26 記事 (amebloから抜粋…

  2. ②院長ブログ

    スポーツの原点とは

    スポーツの原点とはスポーツの原点とは何か?言い換えれば、スポーツ(どの…

  3. ②院長ブログ

    世界の闇を語る父と子の会話集

    世界の闇を語る父と子の会話集 (真実を知るためのキーワード篇)…

  4. ②院長ブログ

    空気を肺に入れる

    空気を肺に入れる2013/02/17 記事 (amebloから抜粋…

  5. ②院長ブログ

    子供の頃からいろんなスポーツを・・・

    子供の頃からいろんなスポーツを・・・2011/01/23 記事 (…

  6. ②院長ブログ

    正座ができない日本人

    正座ができない日本人2011/01/13 記事 (amebloから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    実績特集記事

    おすすめ記事

    矢作治療院

    矢作治療院
    東京都中央区日本橋3-6-10
    くりはらビル 7F
    営業時間
    11:00~13:00/15:00~21:00
    (木、は15:00から)
    定休日:不定(要確認)
    受付時間
    10:30~19:30
    (木、は14:00から)
    完全予約制:ご予約はお電話にて
    03-5203-0333
    お問い合せ

    矢作治療院公式ブログtwitter

    1. ②院長ブログ

      スポーツの原点とは
    2. 治療に関して

      五十肩は体の捻れから
    3. 矢作式ストレッチ体操

      正しい姿勢
    4. 治療実績

      スカウトもビックリ ドンピシャリ 何でこんなに、いきなり変わっちゃったんですか?…
    5. 治療に関して

      ストレッチ
    PAGE TOP