治療に関して

体を冷やさないこと

体を冷やさないこと

2013/02/12 記事 (amebloから抜粋)

「体を冷やさないこと」と言うのは、体温を下げないことです。人間というのは、体温が下がると動きが悪くなり、病気になってしまいます。最近は低体温についての本が多くなってきました。目にすることがあると思います。

いわゆる、低体温というのは、36度未満を言います。本来、人間は36.5度が一番快適に動ける体温に設定されています。一年が365日なので、36.5度になります。(こじつけかな?)

低体温になると病気になる。冷え症や筋肉のコリくらいならどうにかなりますが、低体温が続くと「癌」になりやすくなります。これは、体内の白血球などの免疫力が低下するからです。もちろん、細菌性のものや、ウイルス性の感染症もかかりやすいでしょう。さらに、「うつ」にもなります。精神性の疾患もそうでしょう。

低体温を防ぐにはどうするか?
もちろん、体を動かすことを習慣づける。「歩くこと」が基本です。風呂にも入りましょう。シャワーで済まさず、週に2、3回は「半身浴」がお勧めです。体温は、筋肉の活動で維持されています。だから、動くことが大切なんです。

季節のものを食べる。冬は温野菜を食べること。胃腸を冷やすビールは食事の時に飲むこと。極端な減塩は良くありません。塩は体温を上げてくれます。

<<まとめ>>
体温の目標は、36.5度。最低でも36度。
36度を下回ると病気になりやすい。
基本は歩くこと。体を動かすこと。筋肉の活動が体温を上げる。
半身浴で体中ポカポカ。足浴も効果あり。
季節のものを食べる。
極端な減塩は良くない。塩は大事。

少しづつ追加していきます。
参考までに・・・

矢作治療院 (^^)/

ピックアップ記事

  1. 左中間の打球落とすでしょ? 頭の中に浮かんだビジョンを唐突に聞いてみた・・・
  2. スポーツの原点とは
  3. スカウトもビックリ ドンピシャリ 何でこんなに、いきなり変わっちゃったんですか?…
  4. 治療の基礎になるもの 〜それは「正しい体」を知ること 知識や経験だけではない〜
  5. 現代医学に殺されないために

関連記事

  1. 治療に関して

    想像力

    想像力2011/07/02 記事 (amebloから抜粋)治療の組…

  2. 治療に関して

    膝の半月板調整

    膝の半月板調整2013/02/20 記事 (amebloから抜粋)…

  3. 治療に関して

    ストレッチ

    ストレッチ2013/02/10 記事 (amebloから抜粋)…

  4. 治療に関して

    五十肩は体の捻れから

    五十肩は体の捻れから2012/09/03 記事 (amebloから…

  5. 治療に関して

    急性腰痛になったら

    急性腰痛(ギックリ腰など)になったら、まずご自分でやることは、冷やすこ…

  6. 治療に関して

    足首は柔らかく

    足首は柔らかく2010/06/19 記事 (amebloから抜粋)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    実績特集記事

    おすすめ記事

    矢作治療院

    矢作治療院
    東京都中央区日本橋3-6-10
    くりはらビル 7F
    営業時間
    11:00~13:00/15:00~21:00
    (木、は15:00から)
    定休日:不定(要確認)
    受付時間
    10:30~19:30
    (木、は14:00から)
    完全予約制:ご予約はお電話にて
    03-5203-0333
    お問い合せ

    矢作治療院公式ブログtwitter

    1. 治療に関して

      急所を使えば緩む
    2. 治療実績

      宝塚歌劇団 膝の痛み
    3. 矢作式ストレッチ体操

      矢作式ストレッチ体操④ 膝抱えとバンザイアイロン体操
    4. 治療に関して

      冷やすのか、温めるのか?
    5. ②院長ブログ

      体の芯を通し、バネを作る(腹筋運動)
    PAGE TOP