治療に関して

膝の半月板調整

膝の半月板調整

2013/02/20 記事 (amebloから抜粋)

膝の痛みのほとんどは、膝の半月板のズレからくるものが多い

病院でいくらレントゲンを撮っても、半月板は写らないので判断のしようがない。MRI検査で半月板がどのくらいズレているかなんてことは検査の対象ではないので、ズレていることを認識しない。だから、膝の痛みは消えることはない。

当院では、そのズレた半月板を正常な位置に戻すことで、痛みを解消しています。このズレを直す技術自体は簡単で、ほんの数秒あれば元に戻ります。ただし、変形性のものは、戻せない場合もあるし、時間をかけて周りをほぐしてから調整しなければなりません。

昨年、「膝痛の原因は、半月板の亜脱臼だ」という本を見ました。とやかく言うつもりはありませんが、半月板の調整は、柔道整復師だった故吉田増蔵先生から父が教わった技術です。私も30年以上前から知っていますし、クラスメイトの膝を治していました。だから、元祖はもっと前の人達がいるということだけ言っておきます。

半月板の調整法は、「矢作スポーツトレーナー研究所」内にあります。しかし、見よう見まねでやることは止めて下さい。力尽くでやると、半月板を傷つけてしまいます。この技術を習得するには、何年もかかりますから。
それよりも、どのくらい半月板がズレているのか・・・1mmもないことがほとんどです。それを指の感触だけで判断し、矯正するのです。さらに、その半月板が本当に正常な位置に入ったかどうかの判断ができるのか・・・ここが重要です。だから、何年もかかるのです。父でさえ、15年かかったと言っていましたから。

この技術を理解し、できる人は・・・世界で数人もいないでしょう。(言い切ります!)

半月板がズレる原因は、何でもありです。足首の捻挫の際に膝もひらいて半月板が外にズレます。膝をどこかにぶつけてもなります。大抵の場合、許容範囲があるから痛みも出ませんが、ズレたままにしていると、その周りの筋肉、靱帯、軟部組織が固まり悲鳴をあげ始めます。これが痛みとして感じるんです。

膝に違和感や痛みのある方は、早く治しておきましょう。高齢になれば、変形は仕方がありませんが、最小限にできるはずです。

矢作治療院 (^^)/

ピックアップ記事

  1. 膝の治療 〜病院での治療は限界が低い、膝の治療は手をかけること〜
  2. やっぱり想像力 (原因や治療法を見つけるには想像力が必要だ)
  3. 治療の基礎になるもの 〜それは「正しい体」を知ること 知識や経験だけではない〜
  4. 現代医学に殺されないために
  5. スポーツの原点とは

関連記事

  1. 治療に関して

    冷やすのか、温めるのか?

    冷やすのか、温めるのか?2013/02/28 記事 (ameblo…

  2. 治療に関して

    「歩きなさい」

    「歩きなさい」2013/02/07 記事 (amebloから抜粋)…

  3. 治療に関して

    五十肩は体の捻れから

    五十肩は体の捻れから2012/09/03 記事 (amebloから…

  4. 治療に関して

    治るには過程がある

    治るには過程がある2013/03/10 記事 (amebloから抜…

  5. 治療に関して

    気を通す実験

    気を通す実験2010/03/10 記事 (amebloから抜粋)昔…

  6. 治療に関して

    足首は柔らかく

    足首は柔らかく2010/06/19 記事 (amebloから抜粋)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    実績特集記事

    おすすめ記事

    矢作治療院

    矢作治療院
    東京都中央区日本橋3-6-10
    くりはらビル 7F
    営業時間
    11:00~13:00/15:00~21:00
    (木、は15:00から)
    定休日:不定(要確認)
    受付時間
    10:30~19:30
    (木、は14:00から)
    完全予約制:ご予約はお電話にて
    03-5203-0333
    お問い合せ

    矢作治療院公式ブログtwitter

    1. ②院長ブログ

      驚異の回復!腰の痛み NHK「ためしてガッテン」
    2. 治療実績

      腰痛 No.002
    3. ②院長ブログ

      出来ない動作は体から分かる
    4. 矢作式ストレッチ体操

      矢作式ストレッチ体操① 足関節
    5. ②院長ブログ

      目線の方向に体は動く
    PAGE TOP