治療実績

転けたでしょ!? 頭に浮かんだのは、”すっ転ぶ”ビジョン 「転けました!それも2回!」

以前から観れば分かるということを書いてきましたが、今日来院された中学生に、足を観て「転けたでしょ?」と聞いた。

よく調整に来る彼は、陸上部で頑張っていて、だいぶタイムが伸びてきたと喜んでくれています。今日は、調整に来たということで調整に入りましたが、まず、足首を触って、その一瞬で頭の中にすっ転んだイメージが湧き、「転けたでしょ!」と言っていました。彼は、笑いながら「転けました!それも2回!」との答え・・・

「でしょっ!!」

何故だか分かるんです。理由は分かりません。^^;
とにかく、観たり、触ったりした瞬間にイメージが湧くんですよね。そう、自分がそうなった感じで湧いてくるんです。すっ転んだイメージも私がそうなった状態を自分の目や感覚で感じているんです。実に面白いです。

ロトくじの数字が分かればいいんですけどね ^^;

これは、今までどれだけ頭の中で人生のシミュレーションをしてきたか・・・ということでしょう。あらゆる可能性をシミュレートするんです。これは、実際に行動して経験することに近いものです。たとえそれが夢であっても、経験なんです。その積み重ねがあるから、観た、触っただけで頭に浮かぶんでしょう。

 

昨日、来院された男性も、ゴルフで腰の上部を痛めたと言っていましたが、その時も観ただけで、どういうスイングをして、どうやって痛めたかが頭に浮かびました。
右腰部の上の方が硬くなっていたので、これは一打目のドライバーは問題なく、二打目、三打目のアイアンでグリーンを捉える時に、球を上げようとしたスイングによって筋肉疲労が起こったものだと説明したら、実際に力が入り、そのような打ち方をしていたと思うとの答えがありました。

「でしょ!!」 その2

 

大体のものは分かります。やったことのないスポーツや武道、舞踏、ダンスでも分かります。

今後もイメージトレーニングに励みます (^^)

 

矢作治療院

 

 

ピックアップ記事

  1. 治療の基礎になるもの 〜それは「正しい体」を知ること 知識や経験だけではない〜
  2. 膝の治療 〜病院での治療は限界が低い、膝の治療は手をかけること〜
  3. スカウトもビックリ ドンピシャリ 何でこんなに、いきなり変わっちゃったんですか?…
  4. スポーツの原点とは
  5. 何故、腰が痛くなるのか? 膝の不調で球が飛ばず、力むから腰を痛める・・・

関連記事

  1. 治療実績

    腰の変形 年配の方の腰は変形が進み100%戻すことは無理でも、楽な状態にもっていくことは可能

    年配の方の「腰の変形」当院には、70代、80代の年配の方が多く来院…

  2. 治療実績

    腰痛 No.002

    腰痛 No.0022012/03/02 記事 (amebloから抜…

  3. 治療実績

    やっぱり想像力 (原因や治療法を見つけるには想像力が必要だ)

    右肩が痛いという女性が来院されました。もちろん腰の捻じれがあるので…

  4. 治療実績

    腰痛 No.004

    腰痛 No.0042012/03/05 記事 (amebloから抜…

  5. 治療実績

    Chip Beck 旭硝子ゴルフ in 1989

    Chip Beck 旭硝子ゴルフ in 19892009/12/0…

  6. 治療実績

    スカウトもビックリ ドンピシャリ 何でこんなに、いきなり変わっちゃったんですか?

    僕にとっては日常的なものだが・・・夏の甲子園出場をかけた県予選…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    実績特集記事

    おすすめ記事

    矢作治療院

    矢作治療院
    東京都中央区日本橋3-6-10
    くりはらビル 7F
    営業時間
    11:00~13:00/15:00~21:00
    (木、は15:00から)
    定休日:不定(要確認)
    受付時間
    10:30~19:30
    (木、は14:00から)
    完全予約制:ご予約はお電話にて
    03-5203-0333
    お問い合せ

    矢作治療院公式ブログtwitter

    1. ②院長ブログ

      筋肉は怠け者
    2. ②院長ブログ

      正座ができない日本人
    3. 治療実績

      腰痛で引退を決意したバレリーナ
    4. 治療実績

      腰痛 No.001
    5. ②院長ブログ

      世界の闇を語る父と子の会話集
    PAGE TOP